2017/5/8趣味どきっ美筋ボディーメソッドでは、たるんだにサヨナラができる腕立て伏せの方法を伝授。第5回美筋ボディーメソッドでは、腕だけじゃなく、胸も肩も締める!」腕立て伏せを習得します!腕立て伏せでスッキリ!二の腕!

美ボディー




腕立て伏せでスッキリ!二の腕!

たるんだ二の腕にサヨナラ!モデルとしても活躍するAYAさんが「体幹」を意識した腕立て伏せの基本を伝授してくれます!腕立て伏せなんてムリ~って人も、壁などを使って楽にできる方法も紹介します!

腕立て伏せ:基本

 

腕立て伏せは正しいフォームですることが何より大切です。

腕立て伏せ:基本のやり方

 

1.手をゆかについて腕を伸ばし、身体を一直線に伸ばす
*つま先は立てる。お腹にはしっかり力を入れましょう

 

2.ひじを後ろにひくように腕を曲げ、胸を床につける


*ひじを後ろにひいて曲げ、お腹に力を入れたまま胸を床につける
*脇をしっかり締めましょう

3.腕を伸ばす
*お腹に力を入れ、ひじを伸ばして体をもちあげる

目標、5回を4セット




腕立て伏せ:初級編

基本の腕立て伏せがきつい人は初級編からトライしましょう

壁腕立て伏せ、やり方

壁に手をついて腕を伸ばし、足の位置を少し後ろにしてからだを斜めに倒す

 

1.壁に手をついて腕を伸ばし、つま先は立てる
*体は少し斜めに倒す

2.ひじを後ろに曲げて胸を壁に近づける
*ひじをひくフォームを体に覚え込ませる

3.肘を伸ばしてもとの位置にもどる

イス(台)腕立て伏せ、やり方

 

壁腕立て伏せが楽にできるようになったら、次はイスやテーブル・台などを使ってしましょう。

いすやテーブルに手をついて腕たて伏せをする

 

 

ひじを曲げたとき、胸はいすにつけてOK。
*より体を傾けることで腕で体重を支える間隔をつかむ
腕にかかる体重が重くなる分、腕に効いているのがわかります




ひざ腕立て伏せ、やり方

 

イス(台)腕立て伏せの高さを次第に低くしていき、ステップ3ではひざを床について基本と同様に行います。

 

ひじを曲げたとき、胸は床につけてOKです。

ひざがいたいときはタオルなどのクッションを敷きましょう。
*脚をクロスすると姿勢が安定しやすくなります